wordpressテンプレート テーマ

固定コメント

出会い系ロイヤルガーデン評価

「バナー広告」は、他のページの広告を表示するためのアイコンであり、クリックすると、その広告が表示されるようになっています。

一般には、横長の画像などが用いられることが多くあります。

出会い系ロイヤルガーデンの、出会い評価を掲示板でもご紹介しています。

口コミサイトなどでロイヤルガーデンで一度検索してみてください。

2014年12月19日

カテゴリー: であいけいさいと — admin @ 4:59 AM

おせち料理は一年で一番最初の節を祝う料理

現代では、おせちと言うと、おせち料理のことを指します。この、おせちという言葉は、おせちく、という言葉から来ています。



おせちくとは、漢字にすると、お節供となります。一年の節目を祝うお供えのことです。

一年は十二の月から成り立っていますが、十二ヶ月は二十四節季から成っています。この一番最初の節を祝い神様へのお供え物としての料理がおせち料理というわけです。



おせち料理は重箱に入れられていたり、黒豆や数の子や海老など、中身のほうも決まっています。これは、語呂合わせや食材のイメージからめでたい物を詰めることになっているからです。



豆はまめに働くなどの意味があります。数の子は子沢山や子孫繁栄の意味があります。海老は、その見かけから長寿の意味があります。



更に海老は火を通すと赤くなり、この色がめでたさや魔よけと関連付けられています。



これらの料理を重箱に詰めるのは、めでたさを重ねるという意味があるためです。

ある程度日持ちのする料理ばかりを詰めるのは、正月の間は主婦が料理をせずに休むことができるようにするためです。

カテゴリー: おせち料理 — admin @ 12:35 AM

おせち料理の基本とは。

一年の始まりに食べられる御目出度い料理の「おせち料理」ですが、その中身の基本はどのようなものなのでしょうか。



おせちには地域によって詰めるものなども違いがありますが、ここでは基本的な内容をまとめたいと思います。




まず、基本は四段重ねで構成されています。一の重には、黒豆・数の子・田作りなどの三つ肴。二の重には、栗きんとんや伊達巻など。



三の重には、魚や海老などの焼き物。与の重には、お煮しめなどの野菜の煮物が詰められます。



四番目の重は、縁起が悪いので「四の重」とは言いません。
詰められる料理には、それぞれ意味がこめられています。



黒豆には「まめに働き、まめ(健康)に暮らせますように」、数の子には「子孫繁栄」、田作りには、「五穀豊穣」、きんとん(金団)には「財産や富をえられますように」という願い、海老は「長寿」などとなっています。



また、縁起物として、昆布巻きや紅白なますなども詰められるのが一般的です。


料理はそれぞれ、干したものを火に通す、酢漬けにするなどと日持ちをする調理法で作られています。



これは、お正月にはあまり火を使わないほうがよいという風習や、女性に年始の家事をさせない為という説などがあります。

2014年12月18日

カテゴリー: おせち料理の基本 — admin @ 4:06 AM

お正月を迎えるおせち料理

お正月を迎えるときに欠かすことができない存在となっているのが「おせち」です。



「おせち料理」は、地方によって中身はさまざまです。昔は4段という決まりがあったといいますが、今では多くても3段だと言われているようです。



今のおせち料理は、お重ではなく色とりどりのお皿に盛りつけるタイプもあると言われています。



このタイプはモダンでスタイリッシュなおせちとして、人気が上昇しているそうです。

おせち料理に欠かせないメニューといえば、かまぼこです。かまぼこのかたちは、昔から日の入りを表しています。



ピンクとホワイトを交互に紅白にして入れます。かずのこもなくてはならない存在です。



かずのこは子宝を意味している縁起物なのです。昆布巻きは、ヨロコブのコブから縁起が良いと言われています。昔は貴重なものはみんな巻物にしていました。



そのため、おせち料理には巻いたメニューが多いと言われています。伊達巻きはそのなかのひとつです。


2014年12月17日

カテゴリー: おせち料理その他 — admin @ 5:34 AM

おせち料理についての概要

おせち料理のおせちとは、季節の変わり目の祝いの日である節日のことです。




そのため、本来おせち料理は節日に作られる祝い料理全般のことを指していました。



しかし、2015年、現在はおせち料理と言えば重箱に詰められた正月の祝い料理のことを意味します。



略称として、単純におせちという名称でも親しまれています。


おせちの基本的な内容としては、肴と煮しめ、焼き物と酢の物が挙げられます。

地域によって様々な特色があるため、具体的な内容は異なります。いずれも濃い味付けが特徴的であり、これには正月の期間を通して食べられるように腐敗を防ぐ役割があります。


いずれの地方にも共通しているおせちを以下に具体的に挙げていきます。


 肴の代表的なものとしては、金運を願う栗きんとんや縁起の良い色味の紅白蒲鉾、五穀豊穣を祈る田作りなどがあります。無病息災の黒豆や子孫繁栄の数の子もこれに含まれます。



その他、祝い事には欠かせない紅白なますの酢の物や鯛の焼き物なども人気があります。

いずれもかつては何日も前から下ごしらえを行って各家庭で作られてきたものですが、現在ではスーパーやデパートで売り出されるものが主流となっています。
おせち料理2015人気

2014年12月7日

カテゴリー: おせち料理 — admin @ 3:07 AM

おせち料理は日本の心

 お正月のテーブルに並べられる色とりどりの料理。食べるのがもったいないほどの鮮やかさです。


 おせち料理は「御節」と書き、節句に食べるものを指していました。しかし、いまではお正月の風物詩として定着しています。



 おせちと聞いてすぐに思い浮かぶ品目といえば、黒豆や数の子や栗金団でしょうか。

これらも含めて、基本的に日持ちするようなものばかりですが、これは正月に火を使うことを避けるという風習から来ているようです。

 さて、さきほど挙げたもの以外にも品目は豊富にあります。祝い肴三種や酢の物や煮物などありますが、その中身は地方によって異なっています。

しかし、どのおせちにも言えることですが、すべて縁起をかついでいます。



 これは料理だけにとどまらず、重箱が主に四段であることも、一つの重には品数は奇数であることも、すべて理由があります。

重詰めのやり方も決まっていて、料理の配置(重の段数および配置場所)も定められているので、一年の縁起をかつぐ意味でも基本は守っておくべきでしょう。

 おせちを食べると、一年が始まったなあ、としみじみ感じる次第です。

2014年12月4日

カテゴリー: 未分類 — admin @ 4:05 AM

おせち料理の由来と基本とは。



「おせち料理」とは、昔はお正月料理をさす言葉ではありませんでした。「おせち」とは「御節供(おせちく)」の略です。



その風習は、中国から伝わった「五節会の儀」から始まったといわれています。それが、平安時代の貴族の宮中行事などを経て、庶民にも伝わり日本の風習のひとつとなったと考えられています。


おせち料理の形は、新年を祝う庶民料理と、年の始めに一年の豊穣などを祈って食べられていた武家料理がまざりあって出来たものといわれています。




おせち料理は、「目出度いことを重ねる」という祈りをこめて、重箱に詰められます。四段重ねが基本で、上から、一の重・二の重・三の重・与の重と呼ばれます。四段目を四の重と呼ばないのは、「死」を連想させるので、おめでたい料理には縁起が悪く、そぐわないためです。


中につめるお料理には地域性などがありますが、基本は、祝い肴三種・焼き物・煮しめ・酢の物となっています。



祝い肴三種は、関東では田作り・黒豆・数の子で、関西では黒豆・数の子・たたき牛蒡の三種類となっています。

2014年12月3日

カテゴリー: 未分類 — admin @ 5:27 AM

家族揃って楽しく食べたいおせち料理



おせち料理は年の初めに新年を祝って家族で頂く料理のことです。



従来、おせちは節句の意味で、元旦・ひな祭り・端午の節句などの御節句をさしていましたが、現代は一番最初の正月を呼ぶようになっています。



おせち料理はめでたさを重ねるという意味で、重箱に料理を詰めて出されます。近年は簡便化された3段重ねが一般的です。それぞれの重箱に詰められる料理のルールは地域の風習や各家庭によって異なると言われます。



一般的には一段目に祝い肴や口取り、例えば田作り・数の子・黒豆・きんとん・蒲鉾などが入ります。二段目には焼き物や酢の物、三段目には野菜の煮しめや筑前煮などの煮物が入ります。



日持ちする食材が多く使われるのは、正月に火を使わないようにという習わしのためです。



おせち料理には、それぞれの食材に願いが込められており、新年のお祝いの気持ちと、ひとつひとつ意味を噛みしめながら食するのもよいでしょう。



例えば、数の子は子孫繁栄、きんとんは金運、海老は長寿、豆は健康などの願いが込められています。
おせち料理2015人気口コミランキング

カテゴリー: おせち料理2015人気 — admin @ 5:22 AM

出会いのチャンスはどこにもある

一言に出会いと言っても、男女のことだけに限定されることではありません。アルバイトやサークル、あるいはハッピーメールなどの優良であいけいさいとや仕事上などでも男女問わず、新たな出会いがあります。

ビジネスパートナーになることもあれば、男女における恋愛、あるいは親友関係などに至る可能性がどこにでもあります。優良出会い系サイトに遭遇するには、自分自身の自己改革や開拓が伴わなければ起こり得ません。
<PR>であいけいさいと
具体的に、自分から出会いを待っているのではなく、出会いのきっかけやチャンスの場に足を踏み入れなければなりません。例えば、新たな職場や新しいアルバイト先、あるいは新しいサークルなどに加入することは、新しい人間関係の構築になります。人間は新しいことに取り組むときは、大変なエネルギーを消費し疲労しますが、反面新たな出会いのチャンスとなります。優良出会い系サイトをすることで、人として新しい視点や体験を得ることができ、あるいは男女の出会いとなればそこから結婚などに至る新たな人生設計をなります。どこにでも、どこの場面においても、出会いのチャンスやきっかけはあると言えます。
ハッピーメール

2013年5月14日

カテゴリー: であいけいさいと — admin @ 5:53 PM


□□□→2016年おせちおすすめランキング!←□□□