wordpressテンプレート テーマ

固定コメント

おせち料理の由来と基本とは。



「おせち料理」とは、昔はお正月料理をさす言葉ではありませんでした。「おせち」とは「御節供(おせちく)」の略です。



その風習は、中国から伝わった「五節会の儀」から始まったといわれています。それが、平安時代の貴族の宮中行事などを経て、庶民にも伝わり日本の風習のひとつとなったと考えられています。


おせち料理の形は、新年を祝う庶民料理と、年の始めに一年の豊穣などを祈って食べられていた武家料理がまざりあって出来たものといわれています。




おせち料理は、「目出度いことを重ねる」という祈りをこめて、重箱に詰められます。四段重ねが基本で、上から、一の重・二の重・三の重・与の重と呼ばれます。四段目を四の重と呼ばないのは、「死」を連想させるので、おめでたい料理には縁起が悪く、そぐわないためです。


中につめるお料理には地域性などがありますが、基本は、祝い肴三種・焼き物・煮しめ・酢の物となっています。



祝い肴三種は、関東では田作り・黒豆・数の子で、関西では黒豆・数の子・たたき牛蒡の三種類となっています。

2014年12月3日

カテゴリー: 未分類 — admin @ 5:27 AM

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード トラックバック URL

コメントをどうぞ



□□□→2016年おせちおすすめランキング!←□□□