wordpressテンプレート テーマ

固定コメント

おせち料理は一年で一番最初の節を祝う料理

現代では、おせちと言うと、おせち料理のことを指します。この、おせちという言葉は、おせちく、という言葉から来ています。



おせちくとは、漢字にすると、お節供となります。一年の節目を祝うお供えのことです。

一年は十二の月から成り立っていますが、十二ヶ月は二十四節季から成っています。この一番最初の節を祝い神様へのお供え物としての料理がおせち料理というわけです。



おせち料理は重箱に入れられていたり、黒豆や数の子や海老など、中身のほうも決まっています。これは、語呂合わせや食材のイメージからめでたい物を詰めることになっているからです。



豆はまめに働くなどの意味があります。数の子は子沢山や子孫繁栄の意味があります。海老は、その見かけから長寿の意味があります。



更に海老は火を通すと赤くなり、この色がめでたさや魔よけと関連付けられています。



これらの料理を重箱に詰めるのは、めでたさを重ねるという意味があるためです。

ある程度日持ちのする料理ばかりを詰めるのは、正月の間は主婦が料理をせずに休むことができるようにするためです。

2014年12月19日

カテゴリー: おせち料理 — admin @ 12:35 AM

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード トラックバック URL

コメントをどうぞ



□□□→2016年おせちおすすめランキング!←□□□