wordpressテンプレート テーマ

固定コメント

おせち料理の歴史について



お正月に食べるおせち料理は、漢字で「御節」と表記する通り、もともと節句の日に食べられる料理でした。



しかし年月が経つ内に、一年の内で一番重要な節句であるお正月に食べることが慣例になっていったのが、現在のおせちです。



おせち料理の由来は中国の五節供と言われ、奈良時代の朝廷ではおせちの原型である節供が食べられていました。


もっとも現代のような重箱に入った形式ではなく、高盛りのご飯でした。



おせちとは?



その重箱のおせちですが、意外と歴史は浅く明治時代以降に生まれたもので、煮染めなどを中心とした食事が詰められました。


豪華なおせち料理が出現するのは更に後で、戦後のデパートが華やかな重箱詰めを発売してから、庶民にも広まったと言われています。



かつては料理の内容が日持ちがするように火を通したり、なますのように酢につけるなど工夫がされていました。


しかし一家に一台冷蔵庫があり保存技術も進んだ現代では、生もの等の食材も使用する事ができ、おせち料理のバリエーションも豊富になりました。



おせち料理2015

2014年12月3日

カテゴリー: 未分類 — admin @ 5:31 AM

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード トラックバック URL

コメントをどうぞ



□□□→2016年おせちおすすめランキング!←□□□