wordpressテンプレート テーマ

固定コメント

おせち料理は一年で一番最初の節を祝う料理

現代では、おせちと言うと、おせち料理のことを指します。この、おせちという言葉は、おせちく、という言葉から来ています。



おせちくとは、漢字にすると、お節供となります。一年の節目を祝うお供えのことです。

一年は十二の月から成り立っていますが、十二ヶ月は二十四節季から成っています。この一番最初の節を祝い神様へのお供え物としての料理がおせち料理というわけです。



おせち料理は重箱に入れられていたり、黒豆や数の子や海老など、中身のほうも決まっています。これは、語呂合わせや食材のイメージからめでたい物を詰めることになっているからです。



豆はまめに働くなどの意味があります。数の子は子沢山や子孫繁栄の意味があります。海老は、その見かけから長寿の意味があります。



更に海老は火を通すと赤くなり、この色がめでたさや魔よけと関連付けられています。



これらの料理を重箱に詰めるのは、めでたさを重ねるという意味があるためです。

ある程度日持ちのする料理ばかりを詰めるのは、正月の間は主婦が料理をせずに休むことができるようにするためです。

2014年12月19日

カテゴリー: おせち料理 — admin @ 12:35 AM

おせち料理の基本とは。

一年の始まりに食べられる御目出度い料理の「おせち料理」ですが、その中身の基本はどのようなものなのでしょうか。



おせちには地域によって詰めるものなども違いがありますが、ここでは基本的な内容をまとめたいと思います。




まず、基本は四段重ねで構成されています。一の重には、黒豆・数の子・田作りなどの三つ肴。二の重には、栗きんとんや伊達巻など。



三の重には、魚や海老などの焼き物。与の重には、お煮しめなどの野菜の煮物が詰められます。



四番目の重は、縁起が悪いので「四の重」とは言いません。
詰められる料理には、それぞれ意味がこめられています。



黒豆には「まめに働き、まめ(健康)に暮らせますように」、数の子には「子孫繁栄」、田作りには、「五穀豊穣」、きんとん(金団)には「財産や富をえられますように」という願い、海老は「長寿」などとなっています。



また、縁起物として、昆布巻きや紅白なますなども詰められるのが一般的です。


料理はそれぞれ、干したものを火に通す、酢漬けにするなどと日持ちをする調理法で作られています。



これは、お正月にはあまり火を使わないほうがよいという風習や、女性に年始の家事をさせない為という説などがあります。

2014年12月18日

カテゴリー: おせち料理の基本 — admin @ 4:06 AM

お正月を迎えるおせち料理

お正月を迎えるときに欠かすことができない存在となっているのが「おせち」です。



「おせち料理」は、地方によって中身はさまざまです。昔は4段という決まりがあったといいますが、今では多くても3段だと言われているようです。



今のおせち料理は、お重ではなく色とりどりのお皿に盛りつけるタイプもあると言われています。



このタイプはモダンでスタイリッシュなおせちとして、人気が上昇しているそうです。

おせち料理に欠かせないメニューといえば、かまぼこです。かまぼこのかたちは、昔から日の入りを表しています。



ピンクとホワイトを交互に紅白にして入れます。かずのこもなくてはならない存在です。



かずのこは子宝を意味している縁起物なのです。昆布巻きは、ヨロコブのコブから縁起が良いと言われています。昔は貴重なものはみんな巻物にしていました。



そのため、おせち料理には巻いたメニューが多いと言われています。伊達巻きはそのなかのひとつです。


2014年12月17日

カテゴリー: おせち料理その他 — admin @ 5:34 AM

おせち料理についての概要

おせち料理のおせちとは、季節の変わり目の祝いの日である節日のことです。




そのため、本来おせち料理は節日に作られる祝い料理全般のことを指していました。



しかし、2015年、現在はおせち料理と言えば重箱に詰められた正月の祝い料理のことを意味します。



略称として、単純におせちという名称でも親しまれています。


おせちの基本的な内容としては、肴と煮しめ、焼き物と酢の物が挙げられます。

地域によって様々な特色があるため、具体的な内容は異なります。いずれも濃い味付けが特徴的であり、これには正月の期間を通して食べられるように腐敗を防ぐ役割があります。


いずれの地方にも共通しているおせちを以下に具体的に挙げていきます。


 肴の代表的なものとしては、金運を願う栗きんとんや縁起の良い色味の紅白蒲鉾、五穀豊穣を祈る田作りなどがあります。無病息災の黒豆や子孫繁栄の数の子もこれに含まれます。



その他、祝い事には欠かせない紅白なますの酢の物や鯛の焼き物なども人気があります。

いずれもかつては何日も前から下ごしらえを行って各家庭で作られてきたものですが、現在ではスーパーやデパートで売り出されるものが主流となっています。
おせち料理2015人気

2014年12月7日

カテゴリー: おせち料理 — admin @ 3:07 AM


□□□→2016年おせちおすすめランキング!←□□□